おっくんの大好き!シーホース三河ブログ

シーホース三河を愛し応援する男、おっくんと申します。

仕事の話とか

どうせ上手くいく。

 

おっくんです。

 

1週間前に手帳にメモした内容がちょっと病んでいます。

 

好きでもなく、

興味もなく、

楽しくもなく、

適性もない。

そんな仕事をするのにもう疲れた。

 

病んでますね。

 

最近、才能とか能力についてよく考えます。

 

高校バスケトップリーグがやっていて、見ています。

全国から選抜された8校が総当たり方式で戦うリーグです。

 

僕も高校の時バスケ部だったのですが、

うちのチームのエースが上手くて憧れたものでした。

それでも成績は一番良くて県大会1回戦負けです。

そんな県大会を制した高校が全国大会に出場し、

全国大会でも強豪校がいて、優勝できるのはたった1校。

 

今見ているトップリーグでも、優劣がはっきりします。

ここで優勝した高校であっても、まだ上にはプロがいます。

プロの中でも強いチームと弱いチームがあり、

各チームの中でもスタメンと控えがいて、

そんな日本のプロチームも全然世界では通用せず、

結局、上には上がいます。

 

お金持ちだって同じですよね。

年収1千万円が多いと思えば、

1億稼ぐ人もいますし、

もっと上を見れば1億なんて雑魚みたいなもんかもしれませんし。

 

職場で痛感します。

能力の差って絶対的にあるんだなって。

 

僕もそれなりの大学を出て就職したわけですが、

やっぱり能力の違いを実感します。

 

うちの職場は昇進するには試験に合格する必要があります。

僕は受けていないんですが。

試験に合格したものの、係長で定年を迎える人がいる。

その一方でトップまで昇り詰める人もいる。

これって努力の差なんでしょうかね?

 

先日、部長に説明をする機会がありました。

実際に説明したのは課長と係長だったのですが。

そこで思ったのは、やはり上に行く人は理解力がある、ということです。

僕なんて自分の担当ですら危ういのに、

部長は所管するいくつもの課について精通しているわけです。

僕にはとてもそんなことできません。

 

努力ってなんでしょうね。

 

頑張っても圧倒的な才能の前には敵わない。

だいたい、才能のある人間に努力されたら、凡人の出る幕はない。

 

ちょっと諦めというか、達観というか。

 

自転車で最寄り駅まで行き、

まあまあ混んでいる電車に乗り、

職場に着いて30分くらい本を読み、

定時まで耐え抜き、

まあまあ混んでいる電車に乗り、

自転車で家まで帰る。

何のために?

 

もうフルタイムで働く意味が見いだせない。

お金減らないしなあ。

でもずっと家にいても暇だしなあ。

 

ちょっとぐだぐだ書いてしまいました。

気に入らないようです

最近、オイコスを食べまくっています。

 

おっくんです。

 

親というものは子供のすることが気に入らないようです。

我が家では特に父親。

 

ドラマやアニメでやっていた漫画の原作を買いました。

基本的に完結している作品で、ネットで大人買いしました。

ポチちまくっていまい、毎日のようになにかしら届く状態に。

ちょっとやり過ぎました。

今でもまだ読み切れていません。

 

そんな状況もあってか、

先日楽天でステッパーを買って、それが届いたときに

「また買って大丈夫か」的な事をブツブツと言っていました。

 

ステッパーも1万くらいなものですし、

その前に買いまくっていた漫画もほぼ1冊110円です。

金銭的には余裕です。

 

そして、今日、読み終わった本をネットで売りました。

段ボールで13箱分です。

宅配業者が取りに来た時、

「買っておいて売るなんて何考えているんだ」的なことをまたブツブツと言っていました。

 

ネットカフェで読み切れるなら、あえて買う必要はないのですが、

休日に通っても読み切れる量ではないですし、

コスパ的にも買って売った方がいいと判断しました。

レンタルも考えましたが、期間中に読み切れるか分かりませんし、

やり取りするのもめんどくさそうなので、とりあえず却下しました。

 

会社を休むのも気に入らないようです。

体調が悪くて何日か休んでいると、

「クビになるんじゃないか」的なことをブツブツ言っています。

クビにはなりません。

それに休暇は労働者の権利です。

そんな事をグチグチ言われることもあり、

ちょっと休むのを躊躇しています。

昨年度は結局、有給休暇を1日残してしまいました。

忙しくて休めない部署とかいうわけではないです。

今年度も半年過ぎようかというところで、まだ2日半しか

有休休暇は取っていません。

まあ、部署異動して休みどころが分からないというのもありますが。

 

いい歳して結婚していないというのも気に入らないのでしょう。

 

以前お見合いした人で、お相手はもう一度会ってもいいということで、

でも私からはお断りしました。

仲人から言われたのは、「ネガティブな事を言うのが気になる」でした。

心当たりがまったくないので、そんなこと言う人ならもう会わなくていいと

ちょっとキレてしまい、断りました。

だいたい写真がおかしいんです。

写真を見た時は「かわいいじゃん」って思ったのですが、

実際に会ってみると「誰?」ってなりました。

多分10年くらい前に撮った写真を使っていたんだと思います。

20代半ばぐらいで友人の結婚式で撮ったんでしょう。

実物はまったく面影がありませんでした。

それも断った理由です。

というか、その仲人が持ってくる案件は好みじゃない人ばかりです。

テンション上がりません。

そして、すべての情報が親に筒抜けです。

もうやめてほしいですね。

僕が断ったということを知ると、

「何を考えているのか分からない」と怒りました。

知らんがな、お前が結婚するわけじゃねえよ、と。

 

とにもかくにも、僕のやることなすことすべてが気に入らないようです。

知ったことではありませんが。

昨日見た夢のお話

東京タラレバ娘を読んでいます。

 

おっくんです。

 

最近眠りが浅いです。

そのせいか、よく変な夢を見ます。

昨日も変な夢を見ました。

 

真夜中に友人に起こされて連れ出されます。

なんか階段の踊り場みたいなところで待たされ、

その後コンサートホールに移動して、

席に着いたら、後ろの席に見知った人がいます。

昔の彼女です。

久しぶりに会ったとは思えないくらい打ち解けます。

なんだか荒唐無稽ですね。

まあ夢ですから。

 

昔の彼女というのは中学2年の時にお付き合いした女性です。

同じ部活の1年先輩です。

僕の方はまったく意識はしていなかったのですが。

そして僕は彼女の好意にまったく気づいていませんでした。

 

「ああ、この人は僕の事が好きなんだな」って思えたのは、

彼女には親友が二人いて、その人たちがちょっとばらすような

口ぶりをしたからですね。

写真をみんなにくれたんですけど、

僕にくれた写真の入った封筒にだけマークが入っていて。

それを見た親友の二人が「特別な意味があるんじゃないの」的なことをいったと記憶しています。

それで朴念仁の僕でも気付けたわけです。

 

放課後に校舎の裏に来てもらって、

「僕じゃダメかな」って聞き方で告白しました。

OKをもらって付き合うことになります。

彼女は僕は別の先輩のことが好きだと思っていたらしいです。

 

最初のデートは親友の二人と一緒に4人でショッピングモールに行ったのかなあ。

まあ当時の事ですから、今のようなオシャレな場所なんてありませんでしたけど。

 

帰る方角が違ったのですが、

彼女の家の近くまで一緒に帰ったり、

公園でなんかまったりしたり、

手紙のやり取りをしてみたり、

特に用もないのに電話してみたり。

お金もないし、行くところも分からないし、

中学生の付き合いなんてそんなものかもしれませんね。

 

そういえば、彼女と付き合っている事に対して、

後輩の女の子がやたらと突っかかってきたなあ。

 

彼女とはどれくらい付き合ったか今では忘れてしまいました。

そんなに長い期間ではなかったと思います。

自分勝手かもしれませんが、

お別れはこちらから告げさせてもらいました。

年上なので、もうちょっと自分の意見を持って

引っ張ってくれるのを期待していたのかもしれません。

 

彼女の家の近所で会っていたら、

犬の散歩をしている彼女のお父様とも遭遇したなあ。

 

あの頃の自分はファッションも全く分からず、

何を着ていたのか思い出せませんが、

きっと超絶ださかったと思います。

 

イケメンでもなんでもない僕を好きになってくれた彼女。

どこが良かったんでしょうね、こんな男の。

 

彼女の事を思い出して、真っ先に浮かぶ言葉が

「ごめんね」です。

どう表現していいものか分からないですが。

とにかく「ごめんね」です。

 

今だったら、美味しいご飯も食べさせてあげられるし、

いろんなところに連れて行ってあげられるし、

たくさん楽しい思い出を作ってあげることができるのになあ。

あの頃の僕は何一つしてあげられなかったなあ。

 

人のいないグラウンドのベンチに座り、

彼女が意を決するまで我慢強く待って、

やっとできたキス。

書いていて恥ずかしいですが、いい思い出です。

ホントに愛おしい人でした。

なぜ手放してしまったのか。

 

恋愛については、

男性は別フォルダに保存され、

女性は上書き保存されると言われます。

彼女もその後いろんな人を好きになり、

僕の思い出も消えていることでしょう。

 

やさしい男性と出会い、結婚し、

子供も二人ぐらいはいるでしょう。

きっと幸せに過ごしていることでしょうね。

 

彼女と別れてから、次に女性と付き合えるのは

30歳過ぎてからだとはあの日の僕は知りようもありません。

 

変な夢を見たせいか、

随分と女々しい内容になってしまいました。

 

デブのハゲのおっさんが何を書いているんでしょうね。

気持ちが悪いのでこの辺にしておきましょう。